コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーロ族(読み)ガーロぞく(英語表記)Gāro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーロ族
ガーロぞく
Gāro

インド,アッサム地方のガーロ丘陵に居住する先住民。言語はチベット=ビルマ語族のボド語群に属する。人口約 50万と推定される。稲,綿の焼畑移動耕作を生業としている。川岸に村をつくり,杭上家屋に住む。社会組織は母系外婚氏族をもち,妻方居住婚を行う。宗教はアニミズムが盛んで,創造者の観念や木の祖先像をもち,霊魂が再び肉体に帰るという信仰をもっており,かつては首狩りも行われていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android