コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キイロコキクイムシ Cryphalus fulvus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キイロコキクイムシ
Cryphalus fulvus

鞘翅目キクイムシ科。体長 1.5mm内外。体は短太で円筒形状,黄褐色光沢が乏しく,黄白色の鱗毛と剛毛におおわれる。前胸背板は中央が強くふくらみ,前方に瓦状片が散在する。上翅の点刻は明瞭で,間室には鱗毛と毛列がある。雄の前頭には横隆起があり,その上方は少しくぼみ,光沢がある。マツ類の大害虫で,枝の樹皮下に穿孔する。本州,四国,九州,朝鮮,中国に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キイロコキクイムシ
きいろこきくいむし / 黄色小木喰虫
[学]Cryphalus fulvus

昆虫綱甲虫目キクイムシ科に属する昆虫。本州、四国、九州、琉球(りゅうきゅう)諸島、朝鮮半島、中国に分布する普通種で、小形のキクイムシ。体は約1.5ミリメートル、長楕円(ちょうだえん)形、光沢のない黄褐色。体背面は黄褐色の鱗(うろこ)状の毛で覆われる。雄の前頭には光沢の強い横隆起線を備える。伐採木や、潮害、材線虫病などによって衰弱したアカマツ、クロマツなどマツ属の枝あるいは樹幹上部の薄皮部に潜入繁殖する。雌虫が先に木に潜入し、匂(にお)い物質(フェロモン)を放出し、これに誘引されてきた雄虫とつがいになり、樹皮下に横孔(よこあな)を掘って巣を完成させたあと産卵。幼虫は横孔から外方に内樹皮を食害する。羽化成虫はそれぞれ樹皮に孔をあけて脱出する。年数回発生する。[野淵 輝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キイロコキクイムシの関連キーワードキクイムシ(昆虫)松黄色小木蠹虫マツクイムシ松くい虫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android