コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キクザキイチリンソウ(菊咲一輪草) キクザキイチリンソウAnemone pseudoaltaica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キクザキイチリンソウ(菊咲一輪草)
キクザキイチリンソウ
Anemone pseudoaltaica

キンポウゲ科の多年草。キクザキイチゲともいう。本州近畿地方以北と北海道の温帯に分布し,山地の落葉広葉樹の林床に生育する。地下茎は横にはい,早春,その先から花茎あるいは根出葉を出す。花茎は高さ 10~30cmほどになり,上部に3出した羽状複葉を3枚輪生する。一方,根出葉は2回3出で羽状に分裂する。3~5月頃,花茎に径 2.5~3cmの花を頂生する。花には花弁がなく,萼片は8~13枚で淡紫色または白色。茎や葉は初夏には枯れ,地下茎で冬を越す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android