コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キゴケ Stereocaulon exutum Nyl.

2件 の用語解説(キゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キゴケ【Stereocaulon exutum Nyl.】

山地の道端の岩上に生える樹枝状地衣。枝(偽枝柄)は根もとで数本に枝分れして高さ5~8cmとなり,上部でさらに数回分枝する。枝はやや扁平で,片側にサンゴ状の小枝(棘枝)を密生し,もう一方の側は裸出する。共生藻は緑藻で,枝のところどころに粒状で暗褐色の頭状体をもち,中にラン藻類のネンジュモ属を含む。子器は枝の頂端に生じ,皿形,褐色で直径1~3mm。胞子は針状で無色8室。北海道から九州まで分布する。キゴケStereocaulonは日本特産で,32種がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キゴケ
きごけ
[学]Stereocaulon exutum Nyl.

地衣類キゴケ科の代表的な1種。山地の乾きやすい岩上に生え、地衣体は灰白色で小さいが、これから立ち上がる子柄は高さ3~8センチメートル、直径2ミリメートルくらいになり、多数の小さな枝状のものを出す。全体としては小形の低木状になる。子器は枝の先につき、茶褐色の崩れた半球状である。分布は本州から九州にかける。
 キゴケ科キゴケ属全体の総称名としてキゴケということもある。日本にはキゴケ属として約30種が知られ、いずれも岩上に生育し、灰白色で、樹枝状の体制をしている。ヤマトキゴケS. japonicumは低地から山地に多く、子柄の高さは1~4センチメートル、片側から刺(とげ)状の枝が密に出る。子器は暗褐色。ミヤマキゴケS. curtatumは高山の風当たりの強い岩上に生え、子柄の高さは1~1.5センチメートルと小形。オオキゴケS. sorediiferumは低地に多く、子柄の高さは3~9センチメートルになり、粉芽をつけることが多い。[佐藤正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キゴケの関連情報