コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キゴケ Stereocaulon exutum Nyl.

2件 の用語解説(キゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キゴケ【Stereocaulon exutum Nyl.】

山地の道端の岩上に生える樹枝状地衣。枝(偽枝柄)は根もとで数本に枝分れして高さ5~8cmとなり,上部でさらに数回分枝する。枝はやや扁平で,片側にサンゴ状の小枝(棘枝)を密生し,もう一方の側は裸出する。共生藻は緑藻で,枝のところどころに粒状で暗褐色の頭状体をもち,中にラン藻類のネンジュモ属を含む。子器は枝の頂端に生じ,皿形,褐色で直径1~3mm。胞子は針状で無色8室。北海道から九州まで分布する。キゴケStereocaulonは日本特産で,32種がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キゴケ
きごけ
[学]Stereocaulon exutum Nyl.

地衣類キゴケ科の代表的な1種。山地の乾きやすい岩上に生え、地衣体は灰白色で小さいが、これから立ち上がる子柄は高さ3~8センチメートル、直径2ミリメートルくらいになり、多数の小さな枝状のものを出す。全体としては小形の低木状になる。子器は枝の先につき、茶褐色の崩れた半球状である。分布は本州から九州にかける。
 キゴケ科キゴケ属全体の総称名としてキゴケということもある。日本にはキゴケ属として約30種が知られ、いずれも岩上に生育し、灰白色で、樹枝状の体制をしている。ヤマトキゴケS. japonicumは低地から山地に多く、子柄の高さは1~4センチメートル、片側から刺(とげ)状の枝が密に出る。子器は暗褐色。ミヤマキゴケS. curtatumは高山の風当たりの強い岩上に生え、子柄の高さは1~1.5センチメートルと小形。オオキゴケS. sorediiferumは低地に多く、子柄の高さは3~9センチメートルになり、粉芽をつけることが多い。[佐藤正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キゴケの関連キーワード岩海苔川海苔珊瑚藻地衣帯びらんじリトマス苔岩連朶袋羊歯樹枝状連晶樹枝状熔岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キゴケの関連情報