コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キスカ島 キスカとうKiska Island

4件 の用語解説(キスカ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キスカ島
キスカとう
Kiska Island

アメリカ合衆国,アラスカ州アリューシャン列島の西部,ラット諸島中の最大の島。島の長さは約 30km,幅3~10km。東岸にキスカ湾があり,北端にキスカ火山 (1220m) がある。第2次世界大戦中の 1942年6月,日本軍が占領したが,翌年8月アメリカ軍の反撃を受け撤退した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

キスカとう【キスカ島】

〔Kiska Island〕 北太平洋、アリューシャン列島西部の小島。太平洋戦争中、日本軍守備隊の奇跡の撤退で知られる。アメリカ合衆国領。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キスカ島
きすかとう
Kiska

太平洋アリューシャン列島の西部、ラット諸島の火山島。アメリカ合衆国アラスカ州に属する。長さ約30キロメートル、幅3~10キロメートル。島の北端にキスカ火山(1222メートル)がある。第二次世界大戦中の1942年(昭和17)に日本軍が占領したが、翌年撤退し、アメリカカナダの連合軍が奪回した。現在はアメリカ空軍基地と気象観測所があるのみで、一般住民はいない。樹木のない荒涼とした景観を示す。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone