コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キスツス white‐leaf rockrose

世界大百科事典 第2版の解説

キスツス【white‐leaf rockrose】

ハンニチバナ科の常緑小低木で高さ1mくらい。葉は楕円形または卵状楕円形で長さ5cmくらい,表面はビロード状をなし灰白色である。葉縁は下面へ巻き込み,表面には3本の葉脈が見られる。花期は5~7月。花は淡紫紅色または淡紅色で花径5cmくらいで大きく,花弁は5枚でわずかに波状を呈し優美である。花は,正午ころに全開して夕刻にはしぼみ,1日で終わる。和名のゴジアオイ(午時葵)は昔の午時,すなわち今の正午の時刻に咲くアオイに似た花の意味。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android