コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キチナーゼ

栄養・生化学辞典の解説

キチナーゼ

 [EC3.2.1.14].ポリ-β-グルコサミニターゼ,ポリアセチルグルコサミニダーゼ,キトデキストリナーゼともいう.キチンを分解する反応を触媒する酵素.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のキチナーゼの言及

【キチン】より

…キチンは安定な物質であるが,強酸,強アルカリにより分解される。カタツムリの胃液中のキチナーゼという消化酵素によっても分解される。細菌の細胞壁の骨格物質であるペプチドグリカンは,キチンに類似した構造をもつ。…

※「キチナーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

キチナーゼの関連キーワードマセレイティングエンザイム

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android