コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キナクリドン顔料 キナクリドンがんりょうquinacridone pigment

世界大百科事典 第2版の解説

キナクリドンがんりょう【キナクリドン顔料 quinacridone pigment】

近年アメリカのデュポン社で開発された高級有機顔料の一種で,色は赤色を中心として黄色~紫色に及ぶ。青色~緑色を提供するフタロシアニン顔料に匹敵する優れた顔料適性をもち,耐光堅牢度は8級と著しく大きく,耐熱・耐溶媒性なども最高の値を示す。自動車用などの高級塗料,高級な印刷インキプラスチックの着色などに使用される。下に示す基本的な化学構造のもの以外に各種の誘導体がある。また結晶構造によっても性質の変化がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android