コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キナクリドン顔料 キナクリドンがんりょう quinacridone pigment

1件 の用語解説(キナクリドン顔料の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キナクリドンがんりょう【キナクリドン顔料 quinacridone pigment】

近年アメリカデュポン社で開発された高級有機顔料の一種で,色は赤色を中心として黄色~紫色に及ぶ。青色~緑色を提供するフタロシアニン顔料に匹敵する優れた顔料適性をもち,耐光堅牢度は8級と著しく大きく,耐熱・耐溶媒性なども最高の値を示す。自動車用などの高級塗料,高級な印刷インキプラスチックの着色などに使用される。下に示す基本的な化学構造のもの以外に各種の誘導体がある。また結晶構造によっても性質の変化がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キナクリドン顔料の関連キーワードアメリカの声ウィルミントンサンアメリカ杉アメリカ地中海アメリカンアメリカンチェリーアメリカの空アメリカの友人東レ・デュポン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone