コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キヌガサガイ キヌガサガイ Xenophora exutus

2件 の用語解説(キヌガサガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キヌガサガイ
キヌガサガイ
Xenophora exutus

軟体動物門腹足綱クマサカガイ科。殻高 4cm,殻径 10cm。殻は薄く黄褐色で低い円錐形,螺層は8階でふくらみは弱い。殻表には多くの斜めに走るひだがある。上方の螺層ではクマサカガイと同様に縫合に沿って小さい貝や石を付着させるが,下方の螺層には付着させない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キヌガサガイ
きぬがさがい / 衣笠貝
divested carrier shell
[学]Onustus exustus

軟体動物門腹足綱クマサカガイ科の巻き貝房総半島以南の西太平洋で、水深20~200メートルの砂泥底にすむ。殻高40ミリメートル、殻径100ミリメートルに達し、殻は薄質で低円錐(えんすい)形。殻表には多くの斜走する縮(ちぢみ)状のひだがあり、上方の螺層(らそう)では表面に小さい貝殻や小石をつけているが、成長するとしだいにつけなくなる。また、体層では側面が周縁を越えて半分垂れ下がり、その周りには大きな波状の出入りがある。その名は、このようすを衣笠(きぬがさ)に例えたものと思われる。殻底は平らで黄白色、側縁が伸び周縁を越えて傘状になった部分と、殻底の間には明確な境界がある。臍孔(へそあな)は広い。蓋(ふた)は薄く黄色の半透明で、核は外側に位置する。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキヌガサガイの言及

【クマサカガイ(熊坂貝)】より

…房総半島から九州,さらに西太平洋の水深30~200mの砂れき底にすむ。キヌガサガイTugurium exustumはこの種に似るが,殻表は黄褐色で,貝殻は幼時にはつけるが,成長するとつけなくなる。房総半島から九州,さらに西太平洋の水深20~200mの砂泥底にすむ。…

※「キヌガサガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キヌガサガイの関連キーワード多板類頭足類軟体動物有肺類熊坂貝後鰓類前鰓類象水母軟体類クマサカガイ(熊坂貝)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone