コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キフティー al‐Qifṭī

世界大百科事典 第2版の解説

キフティー【al‐Qifṭī】

1172‐1248
アラブの学者,著作家。上エジプトのキフトに生まれる。父も祖父もアイユーブ朝に仕える官僚であった。彼自身も官吏としてシリアのアイユーブ朝下のアター・ベク諸侯に仕える一方,学問を修め著作に励んだ。もっとも重要な著作は,科学者,哲学者の伝記を編さんした辞典で《智者の歴史》として,その抜粋が現在に伝わっている。これはイスラム世界の哲学史,科学史の研究には欠かせないものである。セルジューク朝史も書いたといわれるが残っていない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

キフティーの関連キーワード宇都宮歌壇藤原信実ケルン大聖堂ヤマハ発動機の公訴事実宇都宮頼綱金北山ジュチ曽我祐成曾我兄弟

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android