キャスタブル耐火物(読み)キャスタブルたいかぶつ(英語表記)castable refractories

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャスタブル耐火物
キャスタブルたいかぶつ
castable refractories

耐火コンクリートともいう。耐火性の大きな軽量骨材アルミナセメントを配合したもので,施工現場において通常のコンクリート工事と同様に水を混和して使用する。施工法も一般のコンクリート施工の手法と同じで,しかも耐火性が大きいため,広く普及している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キャスタブルたいかぶつ【キャスタブル耐火物 castable refractory】

流し込み施工する耐火物をいう。耐火物を粉砕した骨材に結合材としてのアルミナセメント(ときにリン酸塩やケイ酸ナトリウム)を配合したもので,いわゆる耐火コンクリートとして使用される。骨材には種々の耐火物が用いられるが,多くは粘土質,高アルミナ質のものを使用する。耐火性,耐熱性を目的とするキャスタブル耐火物と,軽量,断熱性を目的とする軽量キャスタブル耐火物がある。施工時に必要な水を添加し,型枠を用いて流し込むが,大容積のものになると補強材を使用して,炉殻につなぎとめ,荷重を分散させて強固な構造とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android