コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャッチアップ きゃっちあっぷ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

キャッチアップ

ニュースリーダーの機能のひとつで、ダウンロードしたネットニュースの投稿を既読にすること。大量にため込んだ未読の投稿を、すべて読んだことにして最新の投稿に追いつくために使用する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キャッチ‐アップ(catch-up)

[名](スル)追いつくこと。遅れを取り戻そうとすること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

キャッチアップ【catch up】

追いつくこと。特に、発展途上国が先進国に追いつこうとすること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャッチアップ
catch-up

経済発展,技術水準などが一定の水準に追い付くこと。経済開発に当たって技術水準が一定水準に達していないと,国際市場での他国との競争上ハンディがあり,他の要素,たとえば低い賃金での競争を余儀なくされる。このため,キャッチアップまでの段階と,キャッチアップ後の独自性を生かした発展の段階に分けて戦略を考えることが有効とされることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キャッチアップの関連情報