コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャッチホン キャッチホン

大辞林 第三版の解説

キャッチホン

catch+phone〕
割り込み電話サービス。通話中に電話がかかってきたとき、前の通話者を待たせて後の人と話すことができる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャッチホン

通話中にかかってきた別の電話を信号音で知らせる電話サービス。日本電信電話 NTTの登録商標。話し中の通話を保留にしたまま,あとからかかってきた電話を受けることもできる。1972年に日本電信電話公社がサービスを開始,1985年の NTT発足以降,本格的に展開された。一般名称として通話中着信サービスが使われる。英語ではコールウェイティング call waitingと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キャッチホンの関連キーワード割込み通話平川由梨

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android