コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャップ[ラグビー] キャップ[ラグビー]cap

翻訳|cap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャップ[ラグビー]
cap

ラグビーナショナルチームの一員としてテストマッチを戦った選手に所属協会から与えられる,金銀のモールや房などで飾られたつばの小さな帽子 (キャップ) 。同時に選手のテストマッチ出場回数を示す単位として理解されている。発祥はイギリスで,当初テストマッチごとにベルベットの帽子が贈られていたが,第1次世界大戦後,初めてテストマッチに出場した選手にかぎり帽子を与える制度に簡略化された。ラグビーには個人の表彰はないため,選手にとってはキャップが最高の栄誉となる。日本にこの制度が導入されたのは 1983年のことだが,それ以前のプレーヤーにもさかのぼって与えられた。ただし日本では対象試合が極端に少ないため,外国の強豪学生代表チームとの試合にもキャップを認める変則的な制度となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャップ[ラグビー]の関連情報