プレーヤー

精選版 日本国語大辞典「プレーヤー」の解説

プレーヤー

〘名〙 (player)
① スポーツ競技の選手。球技についていうことが多い。
※東京朝日新聞‐明治四一年(1908)一一月二三日「楽隊は三塁のスタンドを取りプレーヤーは何れも練習に取り掛かれり」
② 演奏家。
※夜、生きるもの(1960)〈菊村到〉男がうたうとき「理想のプレーヤーをあたまにえがいてその楽器に、自分の技術や感覚や心のすべてをかけるのである」
レコード盤、光ディスクなどを回転させて音声や映像を再生する機器、装置レコードプレーヤー、CDプレーヤーなど。
※虹が消える(1959)〈多岐川恭〉開かれた傷口「プレヤーにムードミュージックが低くかかったままだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「プレーヤー」の解説

プレーヤー(player)

《「プレイヤー」とも》
競技者。
演技者。俳優。「バイプレーヤー
演奏者。「キーボードプレーヤー
トランプやコンピューターゲームなどの遊戯に参加している人。
金融市場などに参加している人や組織。「政府がプレーヤーとして金融市場で活動する」
記憶媒体に収められた映像や音声などを再生するための装置の総称。記憶媒体の違いにより、レコードプレーヤーCDプレーヤーDVDプレーヤーデジタルオーディオプレーヤーと呼ばれる。また、パソコンのハードディスクなどに記録されたコンテンツを再生するためのソフトウエアを指すこともある。
[類語]選手スポーツマン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android