コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャノン=バード説 キャノン=バードせつCannon-Bard theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャノン=バード説
キャノン=バードせつ
Cannon-Bard theory

情動の体験と表出に関する生理学説で,W.B.キャノンが最初に提唱 (1927) し,P.バードが修正した。ジェームズランゲ末梢説 (→ジェームズ=ランゲ説 ) に対抗する説で,中枢説ともいう。キャノンによれば,感覚インパルスは視床を通過中に情動特性を付与され,それが一方において大脳皮質へ伝えられて情動体験を生じ,他方において末梢の効果器に伝えられて表出となるとされる。バードは種々の実験事実に基づき,視床でなく視床下部を重視した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android