コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャパシティ・コスト キャパシティ・コストcapacity cost

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャパシティ・コスト
capacity cost

企業の活動に伴って発生する費用のうちで,そのキャパシティの働きに関連して1期間 (たとえば1会計期間) 内に発生する費用をいう。キャパシティとは,その働きが2期間以上にわたって持続するものを意味し,たとえば生産設備,建物,人的組織,情報組織などを含む。その意味では固定費の概念と重なる部分もあるが,固定費よりもより密接に企業の経営活動と対応したものであって,たとえば企業にとっては実質的に2期間以上にわたって効果をもつと考えられる広告も,また研究開発や調査の結果,スタッフなどにかかる費用もキャパシティ・コストである。これに対して1期間の操業だけに関係する費用をアクティビティ・コストといい,ほぼ変動費に対応するものである。 (→コミッテッド・コスト )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キャパシティ・コストの関連キーワードアイドル・コスト埋没コスト原価管理

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android