キャパシティ・コスト(英語表記)capacity cost

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャパシティ・コスト
capacity cost

企業の活動に伴って発生する費用のうちで,そのキャパシティの働きに関連して1期間 (たとえば1会計期間) 内に発生する費用をいう。キャパシティとは,その働きが2期間以上にわたって持続するものを意味し,たとえば生産設備,建物,人的組織,情報組織などを含む。その意味では固定費の概念と重なる部分もあるが,固定費よりもより密接に企業の経営活動と対応したものであって,たとえば企業にとっては実質的に2期間以上にわたって効果をもつと考えられる広告も,また研究開発や調査の結果,スタッフなどにかかる費用もキャパシティ・コストである。これに対して1期間の操業だけに関係する費用をアクティビティ・コストといい,ほぼ変動費に対応するものである。 (→コミッテッド・コスト )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android