コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャフタ会議 キャフタかいぎ

1件 の用語解説(キャフタ会議の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キャフタかいぎ【キャフタ会議】

中国,清朝滅亡後,外モンゴルの法的地位確定のため開かれた会議。1911年辛亥革命で清朝が崩壊すると,モンゴルの王公,ラマ僧らは独立を宣言,ボグドハーン政権を組織し,内モンゴルをも含めた主権国家を作ろうとした。だが翌年成立した中華民国はこの独立を認めず,一方モンゴル側から援助を求められたロシアは中国宗主権下での外モンゴル自治の形成と外モンゴルにおける経済権益獲得をめざした。ロシアは問題解決のためまずボグド・ハーン政権と〈露蒙協定〉(1912)を締結,その自治を承認する一方経済権益を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キャフタ会議の関連キーワード韃靼藩部モンゴルモンゴル語モンゴル帝国モンゴル文字内モンゴル自治区蒙古地位確認巴布扎布

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone