キャロル ベーカー(英語表記)Carroll Baker

20世紀西洋人名事典の解説


1931.5.28 -
女優。
ペンシルヴェニア州ジョーンズタウン生まれ。
ナイトクラブダンサー奇術師助手を経て、1953年「Easy to Love」で映画デビュー。’54年アクターズ・スチューディオに入り、翌年主役で「All Summer Long」に出演。その後ブロードウェイ等の舞台で活躍。’56年エリア・カザン監督の「ベビイドール」で一躍有名になり、アカデミー主演女優賞にノミネートされた。’68年から’82年にかけてイタリアをはじめ国外の作品出演が多くなった。私生活では’55年監督兼プロデューサーのジャック・ガーフェインと結婚し、二子をもうけたが’69年に離婚し、’82年ドナルド・G.バートンと再婚自伝「Baby Doll」(’83年)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android