コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キューガーデンズ キューガーデンズ

世界の観光地名がわかる事典の解説

キューガーデンズ【キューガーデンズ】

イギリスの首都ロンドン南西部、リッチモンドに近いテムズ川沿いのキュー(Kew)にある王立植物園。世界中から収集された4万種以上の植物、および標本約600万点は、世界最大級の野生生物コレクションである。なかでも、熱帯植物のコレクションが充実していることで知られる。1759年に宮殿併設の庭園として建設されたのが始まりである。その後、何度かの拡張を経て、この庭園は1840年に国立植物園となった。120haの園内には、ビクトリア時代に建造された巨大な温室パームハウス、バンブー、ライラック、ローズなどのテーマガーデンが配置されている。園内の中国のパゴダ(仏塔)は1761年建造のものである。世界遺産に登録されている。◇英名は「Royal Botanic Gardens, Kew」。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

キューガーデンズの関連キーワードベルリンの植物園チェンバーズ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android