コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キューガーデンズ キューガーデンズ

1件 の用語解説(キューガーデンズの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

キューガーデンズ【キューガーデンズ】

イギリスの首都ロンドン南西部、リッチモンドに近いテムズ川沿いのキュー(Kew)にある王立植物園。世界中から収集された4万種以上の植物、および標本約600万点は、世界最大級の野生生物コレクションである。なかでも、熱帯植物のコレクションが充実していることで知られる。1759年に宮殿併設の庭園として建設されたのが始まりである。その後、何度かの拡張を経て、この庭園は1840年に国立植物園となった。120haの園内には、ビクトリア時代に建造された巨大な温室パームハウス、バンブー、ライラックローズなどのテーマガーデンが配置されている。園内の中国のパゴダ(仏塔)は1761年建造のものである。世界遺産に登録されている。◇英名は「Royal Botanic Gardens, Kew」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キューガーデンズの関連キーワードリッチモンドアポンテムズナイツブリッジハンプトンコートパレスミレニアムブリッジロンドンアイロンドン大火記念塔ニュー・ロンドン・コンソートロンドン橋落ちた

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キューガーデンズの関連情報