コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キョクヒチュウ(棘皮虫) キョクヒチュウEchinoderes dujardinii

世界大百科事典 第2版の解説

キョクヒチュウ【キョクヒチュウ(棘皮虫) Echinoderes dujardinii】

キョクヒチュウ科の動吻(どうふん)動物。体表には後方に向かった鋭いとげが多数並んでいるのでこの名がある。本州中部以南に分布し,海岸の砂泥中や海藻の間などにすむ。体長0.4mmまでの円筒形で,13環帯よりなる。口は体の前端中央に開き,その周囲を口刺(こうし)が1列に取り巻く。頭部全体には後方に向かった鋭いとげが5~6列並び,最後列のものは鳥羽のような形になる。背側に1対の眼点がある。頸部(けいぶ)は短く,16個の幅の狭いキチン板が並ぶだけでとげはない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

キョクヒチュウ(棘皮虫)の関連キーワードキョクヒチュウ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android