キョクヒチュウ(棘皮虫)(読み)キョクヒチュウ(英語表記)Echinoderes dujardinii

世界大百科事典 第2版の解説

キョクヒチュウ【キョクヒチュウ(棘皮虫) Echinoderes dujardinii】

キョクヒチュウ科の動吻(どうふん)動物。体表には後方に向かった鋭いとげが多数並んでいるのでこの名がある。本州中部以南に分布し,海岸の砂泥中や海藻の間などにすむ。体長0.4mmまでの円筒形で,13環帯よりなる。口は体の前端中央に開き,その周囲を口刺(こうし)が1列に取り巻く。頭部全体には後方に向かった鋭いとげが5~6列並び,最後列のものは鳥羽のような形になる。背側に1対の眼点がある。頸部(けいぶ)は短く,16個のの狭いキチン板が並ぶだけでとげはない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android