キョプリュリュ・メフメット・パシャ(英語表記)Köprülü Mehmet Paşa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キョプリュリュ・メフメット・パシャ
Köprülü Mehmet Paşa

[生]1575. ルズニク
[没]1661
オスマン帝国の大宰相 (→サドラザム ) 。若くしてイスタンブールに出て宮廷に入り,さまざまな職を経たのち,シリア,ヨルダンなどの知事を歴任。 1656年大宰相に就任し,幼少のスルタン,メフメット4世の代理として軍団の拡充,行政・軍事面での管理強化,国権の回復などに行政手腕を発揮し,オスマン帝国の再興に貢献した。息子 K.アフメット・パシャも大宰相になり,この親子の宰相期 25年間は,オスマン帝国史上「キョプリュリュ時代」と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android