キリシマエビネ(霧島蝦根)(読み)キリシマエビネ(英語表記)Calanthe aristulifera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリシマエビネ(霧島蝦根)
キリシマエビネ
Calanthe aristulifera

ラン科の多年草紀伊半島,四国,九州,奄美大島に分布し,常緑広葉樹林林床に生える。葉柄は長く,葉は細長く下面に細毛が生える。花期は4~5月で,葉心から直立する長い花茎の先にややまばらに 10個ほどの花をつける。花は白色または淡紫色であまり開かず,うつむいて咲く。包葉や花柄子房も普通は花と同色であるが,雑種では子房部分が緑化するものが多い。唇弁扇形で3浅裂し,赤色を帯びて内面に3隆起線がある。は斜上し,長さ 15~18mm。九州霧島山中で発見されたのでこの名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android