キレート抽出系(読み)キレートチュウシュツケイ

化学辞典 第2版「キレート抽出系」の解説

キレート抽出系
キレートチュウシュツケイ
chelate extraction system

水-有機溶媒系で,水相中に溶存する金属イオンを親有機性の金属キレート化合物とすることにより,電荷を中和して有機溶媒に抽出する系である.一般に,生成キレート安定度定数が大きく,抽出試薬の濃度が低くてもよいため,この系の抽出機構について平衡論的解析が多くなされている.有機相に溶解したキレート試薬HAにより,水相中の金属イオン Mn を抽出する場合,反応が次式

MnnHAo MAn,onH (1) 

により進行するとし,分配比(D)が

で表されるとすれば(添字oは該当化学種が有機相に存在することを示す),

log D = log Kexnlog [HA]on pH (3) 

が得られる.Kex は(1)式の平衡定数を示し,抽出定数といわれ,分配比の対数,有機相中の試薬濃度の対数,pHから,nが定められ,抽出錯体の組成が推定できる.抽出pHの選択,マスク剤の利用などにより,分離の選択性を大きくすることができる.また,抽出されたキレートの多くは,可視部に光吸収を示すので,吸光光度定量に利用される.キレート試薬としては,ジチゾンオキシン,ジオキシム類,TTAなどのβ-ジケトン類などがある.低濃度抽出剤の使用は,微量金属分離や定量の面で特徴を示すが,他面,大量の物質の分離には用いられない.[別用語参照]イオン会合抽出系

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android