キンギンボク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンギンボク
きんぎんぼく / 金銀木
[学]Lonicera morrowii A. Gray

スイカズラ科の落葉低木。名は、花が初め白く、のちに黄色くなることによる。一名ヒョウタンボクというのは、果実が2個接してつき、ひょうたんのようにみえることによる。果実は赤く熟して目だつが、有毒である。庭木や生け垣として植えられる。日本の特産種である。[福岡誠行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android