コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キングヘビ キングヘビLampropeltis getulus; king snake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キングヘビ
Lampropeltis getulus; king snake

トカゲ目ヘビ科。体長 1m内外,ただし 2mをこえる個体も記録されている。体は黒色で,汚白色の細い線でできた大きい網目模様がある。北アメリカ東部に広く分布し,特に川岸湿地の周辺を好む。小哺乳類やカエルなどのほかに,ヘビを好んで捕食し,ガラガラヘビのように猛毒のあるものでも絞め殺して餌にする。卵生一腹の産卵数は 10~30個。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キングヘビ
きんぐへび
king snake

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目ナミヘビ科キングヘビ属に含まれるヘビの総称。この属Lampropeltisの仲間は無毒ヘビであるが、毒ヘビを捕食することで知られる。カナダ南東部、アメリカ合衆国、メキシコからエクアドルまでに約16種と多くの亜種が分布。そのうちミルクヘビL. triangulumは合衆国西部を除く分布域に生息し、ヘビではもっとも分布の広い種で、20余りの地方型に分けられる。
 キングヘビ類は赤、黄、黒などの鮮やかな横帯をもち、大半が全長1~1.5メートル、森林、草原、乾燥地にすみ、ヘビ、トカゲ、ネズミ、鳥やカメの卵などを餌(えさ)とする。すべて卵生。胴で締める力が強く好んでヘビを捕食し、毒ヘビのガラガラヘビも対象に含まれている。斑紋(はんもん)が美しく人にもなれるためペットとして人気があるが、複数を飼うときにはサイズの小さなヘビは食べられることがあるため同居させられない。スカーレットキングヘビL. t. elapsoidesなどミルクヘビの亜種には、斑紋が毒ヘビのアメリカサンゴヘビMicrurus fulviusに類似したものがあり、擬態の一例とされる。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キングヘビの関連キーワードキング蛇アカマタ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android