コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キージー Ken Kesey

大辞林 第三版の解説

キージー【Ken Kesey】

1935~2001) アメリカの小説家。管理社会に抗して人間性を回復しようとする個人の闘いを、精神病院に託して書く「カッコーの巣の上で」で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キージー
きーじー
Ken Kesey
(1935―2001)

アメリカの小説家。コロラド州ラ・ハンタ生まれ。オレゴン大学卒業後、スタンフォード大学創作科に学ぶ。早くから幻覚剤LSDによる幻覚を体験、カリフォルニア州の精神科病院で夜勤看護人を務めたこともある。この体験を生かして長編小説『郭公(かっこう)の巣』(1962)を書き文壇に登場した。ほかに、オレゴン州の森林地帯を背景に労働組合のストライキに挑戦しながら伐採業を続ける主人公を描く『時には偉大な観念を』(1964)と、実験的な作品『キージーの中古品セール』(1973)がある。1960年代には二度にわたって麻薬法違反に問われた。この間の事情はトム・ウルフの著書に詳しい。また、『郭公の巣』は1975年に映画化(邦題『カッコーの巣の上で』)された。[杉浦銀策]
『トム・ウルフ著、飯田隆昭訳『クール・クールLSD交感テスト』(1972・太陽社) ▽岩元巌訳『カッコーの巣の上で』(1996・冨山房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キージーの関連キーワードウルフ(Thomas (Tom) Kennerly Wolfe Jr.)ブラック・ユーモアサイケデリック人間性

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キージーの関連情報