ギオルギオス セフェリス(英語表記)Gíorgos Seféris

20世紀西洋人名事典の解説


1900.2.29 - 1971.9.20
ギリシア詩人,外交官。
スミルナ(後のトルコ領イズミル)生まれ。
本名ヨルゴス セフェリアジス
アテネ、パリで法学を学び、外務省に入り、外務官僚として世界各地を転々とし、1962年駐英大使を最後に外交官を引退。詩人としては’31年の「分岐点」で詩壇に登場以来、10数冊の詩集、詩論集を発表した。古代ギリシャの文化を継承した思想が貫かれ、象徴性に富み、難解であるが、外交官として祖国を代表したように、詩人としてもギリシャを代表する第一人者であった。代表的詩集に「ミシストリマ」(’35年)、「つぐみ」(’47年)があり、’62年ウィリアム・フォルム賞、’63年にはノーベル文学賞を受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android