コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギスカジカ ギスカジカ Myoxocephalus stelleri

2件 の用語解説(ギスカジカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギスカジカ
ギスカジカ
Myoxocephalus stelleri

カサゴ目カジカ科。体長 40cmになる。体は太くて短く,重厚。頭は大きく,縦扁し,眼隔域は広くて平坦である。体の上方は褐色,下方は淡色で,体側に横帯がある。岩礁地帯に多くみられる。東北地方日本海北部からベーリング海西部にかけて分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギスカジカ
ぎすかじか / 義須鰍・義須杜父魚
frog sculpin
[学]Myoxocephalus stelleri

硬骨魚綱カサゴ目カジカ科に属する海水魚。東北地方以北、千島列島(ちしまれっとう)、オホーツク海、ベーリング海に分布する。頭は幅広く、やや縦扁(じゅうへん)する。鰓蓋(さいがい)に3本の強い棘(とげ)があり、両眼間隔域はほとんど平坦(へいたん)である。体色は生息場所によって赤褐色、黄褐色、黒褐色などに変化する。腹面全体に眼径大の白色斑があり、尾柄(びへい)部に前下方へ向かう1白色帯があることで容易に近縁種と区別される。小さい個体は沿岸の藻場(もば)や磯(いそ)に、大きなものは少し深みの岩礁域に生息している。モカジカ、イソカジカなどとよばれ、ごく普通にみられる。体長45センチメートル以上になる。産卵は秋から冬にかけて行われ、この時期のものはもっとも美味で鍋物(なべもの)、汁物などにされる。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギスカジカの関連キーワードアコウダイカサゴアナハゼ笠子アカイカ高砂町カサゴ(笠子)カジカ(鰍)アコウ(動物,カサゴ目)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone