コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギスカジカ ギスカジカMyoxocephalus stelleri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギスカジカ
Myoxocephalus stelleri

カサゴ目カジカ科。体長 40cmになる。体は太くて短く,重厚。頭は大きく,縦扁し,眼隔域は広くて平坦である。体の上方は褐色下方淡色で,体側に横帯がある。岩礁地帯に多くみられる。東北地方,日本海北部からベーリング海西部にかけて分布する。産卵期は秋から冬で,この時期のものは汁物などにして賞味される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギスカジカ
ぎすかじか / 義須鰍・義須杜父魚
frog sculpin
[学]Myoxocephalus stelleri

硬骨魚綱カサゴ目カジカ科に属する海水魚。東北地方以北、千島列島(ちしまれっとう)、オホーツク海、ベーリング海に分布する。頭は幅広く、やや縦扁(じゅうへん)する。鰓蓋(さいがい)に3本の強い棘(とげ)があり、両眼間隔域はほとんど平坦(へいたん)である。体色は生息場所によって赤褐色、黄褐色、黒褐色などに変化する。腹面全体に眼径大の白色斑があり、尾柄(びへい)部に前下方へ向かう1白色帯があることで容易に近縁種と区別される。小さい個体は沿岸の藻場(もば)や磯(いそ)に、大きなものは少し深みの岩礁域に生息している。モカジカ、イソカジカなどとよばれ、ごく普通にみられる。体長45センチメートル以上になる。産卵は秋から冬にかけて行われ、この時期のものはもっとも美味で鍋物(なべもの)、汁物などにされる。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ギスカジカの関連キーワードアイアイオマキザルメヌケオオミヤシ出世魚タガヤサンドジョウツナギ回虫長門型戦艦ヒマワリ(向日葵)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android