コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギッフェンの逆説 ギッフェンのぎゃくせつGiffen’s paradox

世界大百科事典 第2版の解説

ギッフェンのぎゃくせつ【ギッフェンの逆説 Giffen’s paradox】

価格上昇がその財の需要増加させる現象をいう。〈価格の上昇(下落)は,その財の需要を減少(増加)させる〉という需要法則に対する反例として有名である。価格上昇が財の需要に及ぼす効果は,代替効果所得効果に分解され,前者は,その財の需要を必ず減少させる。他方,所得の減少に対して需要を増加(減少)させる劣等財(正常財)であれば,所得効果は需要を増加(減少)させる。したがって,財が劣等財で,しかもその所得効果が代替効果を凌駕(りようが)するときにのみ,ギッフェンの逆説が生じる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ギッフェンの逆説の関連キーワード価格効果・所得効果ベブレン効果

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android