コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギニー guinea

翻訳|guinea

デジタル大辞泉の解説

ギニー(guinea)

ギニア産の金でつくったところから》1663年から1813年まで鋳造された英国金貨。1717年以降21シリングに一定された。現在は用いられていない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ギニー【guinea】

〔ギニア産の金で製造したところからの名〕
イギリスで、一七世紀後半から一九世紀初頭に用いられた金貨。一ギニーは二一シリングに相当した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のギニーの言及

【貨幣】より

…実際問題として,三つの機能のうちの一部分だけを果たす貨幣(部分貨幣)は歴史的にみてもまれな現象であり,そのような貨幣の重要性は取るに足らない。そのような部分貨幣の例としては,植民地時代のアメリカのポンドや,最近に至るまでのイギリスにおけるギニーを挙げることができる。前者の例では,決済手段としてはスペイン硬貨が利用され,ポンドはもっぱら計算単位としてのみ用いられた。…

【ギニー金貨】より

…通用価値は,当初銀貨20シリングと等価であったが,一時30シリングになり,1717年から21シリングに固定された。〈ギニー〉の名は,アフリカ西海岸ギニアGuinea産の金を使用して最初に造られたことから起こったもので,後には金貨を離れ,21シリング(11/20ポンド)の価格をあらわす計算単位の名称として用いられた。【重成 侃】。…

【ポンド】より

…ポンド,シリング,ペニーの略称である£(またはlb),s,dはそれぞれlibra,solidus,denariusからきている。その後1663年にチャールズ2世がギニーguineaと呼ばれる新しい金貨を鋳造し,公式にその価値を1ポンドとした。すでに13世紀半ばころからヨーロッパでは金貨と銀貨が流通していたが,金と銀の市場比価と貨幣1単位が含む金と銀の量目である法定比価との間に差が生まれると,金銀はそれぞれ有利な国に流れることになる。…

※「ギニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギニーの関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)ウルフ(Virginia Woolf)ポンド(イギリスの通貨単位)アメリカズカップ・レースウィンブルドンテニス大会クリストフ スミヨンニュートン(年譜)ミルコ デムーロアメリカズカップクラシックレースニューマーケットクラシック競走競馬(けいば)ホーキンズカスミソウイギリス金属貨幣カーリーカルハナポンド

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギニーの関連情報