コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギヨーム・ド・コンシュ Guillaume de Conches

世界大百科事典 第2版の解説

ギヨーム・ド・コンシュ【Guillaume de Conches】

1080ころ‐1154
初期スコラの哲学者。シャルトル学派に属し,12世紀の人文主義の精神をもって文学・自然学の研究に向かった。《宇宙哲学》では,神に関する多くの事柄は理性によっても探求できるとの考えを示した。自由七科の中の文法学にすぐれ,師のシャルトルのベルナールにまさるとの名声を得た。プラトンの《ティマイオス》とボエティウスの《哲学の慰め》についての注解がある。【泉 治典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギヨーム・ド・コンシュの関連キーワードヨハネス[ソールズベリーの]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android