コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギヨーム・ド・コンシュ Guillaume de Conches

1件 の用語解説(ギヨーム・ド・コンシュの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ギヨーム・ド・コンシュ【Guillaume de Conches】

1080ころ‐1154
初期スコラの哲学者。シャルトル学派に属し,12世紀の人文主義の精神をもって文学・自然学の研究に向かった。《宇宙哲学》では,神に関する多くの事柄は理性によっても探求できるとの考えを示した。自由七科の中の文法学にすぐれ,師のシャルトルベルナールにまさるとの名声を得た。プラトン《ティマイオス》ボエティウスの《哲学の慰め》についての注解がある。【泉 治典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギヨーム・ド・コンシュの関連キーワードアベラールスアレススコラ哲学パトナム新スコラ学スコラ学スコラ的トマスアクィナスニコラウスクサヌスフォイエルバッハ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone