ギリシア七賢人(読み)ギリシアしちけんじん(英語表記)hoi hepta sophoi; seven wise men of Greece

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシア七賢人
ギリシアしちけんじん
hoi hepta sophoi; seven wise men of Greece

現存する最も古い七賢人名簿プラトンの『プロタゴラス』に見出されるが,それ以後4世紀頃までに七賢人に数えられた者は二十数名に及ぶ。七賢人の名簿ができたのは前6世紀後半頃らしく,前1世紀末の史家ディオドロスや2世紀の旅行家パウサニアスらによれば,タレスビアス,ピッタコスクレオブロスソロンキロンペリアンドロス (プラトンではミュソン) というほぼ同時代 (前7~6世紀) の7人である。この7という数はおそらく七数崇拝に基づいており,社会的政治的な活動や業績において卓越した人物を政治的混乱に悩まされ続けていた後世の人々が理想的人物として7人選んだといわれている。したがって名簿の作成者により七賢人は異なるが,タレス,ビアス,ピッタコス,ソロンの4人はほぼ確定していた。七賢人の逸話や名句はギリシア人の精神のよりどころとして語り伝えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android