コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリシア建築 ギリシアけんちくGreek architecture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシア建築
ギリシアけんちく
Greek architecture

ギリシアでは公共建築は発達したが,個人の住宅は簡単なものであった。通例,各都市のアゴラには議事堂,裁判所などのほか,ストア,市場,神域などが集り,神域には神殿を中心に宝庫,劇場,スタディオンなどが配置されていた。ギリシア建築の中心は神殿であり,その歴史も神殿形式の発展の歴史といえる。最も古いものとしては,ミケーネメガロンにその形式をとったものがあり,前7世紀に入って急速に発達し,前6世紀になるとドーリス,イオニア両様式が確立された。神殿の平面は東西に長い長方形で,東面を入口とし,周式の柱の数は正・背面 (東・西面) が6に対して側面 (南・北面) 13,あるいは8に対して 17とするのが標準。立面は垂直の円柱と壁が水平の梁と切妻屋根を支える楣式構造であり,これは神殿が本来木造であったことを示すものである。切妻屋根によって生じる正背面の三角形の破風は,最初は絵画や浮彫,のちには丸彫の群像彫刻で飾られた。ギリシア建築は絵画,彫刻とともに古典期に最盛期に達し,やがてイオニア様式のバリエーションとしてコリント様式も生み出された。また神殿にはトロスと呼ばれる円形平面のものもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ギリシア建築の関連キーワードバッサイのアポロギリシア・リバイバル様式コンポジット式オーダーブランデンブルク門ドーリス式オーダーウィトルウィウスキツネノマゴ科プロピュライアパルテノン神殿モールディングメゾン・カレアトランテスアニュレットアカンサス文サンミケーリギリシア美術エンタシスローマ建築アトラントドーリス人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android