コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリシア抵抗運動 ギリシアていこううんどう

2件 の用語解説(ギリシア抵抗運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシア抵抗運動
ギリシアていこううんどう

第2次世界大戦中のギリシア人民による,イタリアドイツ軍への抵抗運動。イタリアは 1940年 10月アルバニアからギリシアを侵略したが,ギリシア軍が反撃,11月には逆にギリシア軍がアルバニア領を占領した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギリシア抵抗運動
ぎりしあていこううんどう

第二次世界大戦中にギリシアで行われた、枢軸占領軍(ドイツ、イタリア、ブルガリア)に対する抵抗闘争。1941年4月、枢軸軍はギリシアに侵入、月末には国王ゲオルギオス2世と政府はクレタ島を経て中東へ亡命した。同年9月に中部地方共産党を中心とする民族解放戦線(EAM)が結成され、42年4月にはその軍事組織のギリシア人民解放軍(ELAS)が闘争を開始した。また同年6月に西部地方でギリシア民主国民連盟(EDES)がゲリラ活動を始めた。イギリス軍の仲介の努力にもかかわらず、43年にはELASとEDESとの間に内戦が発生した。44年10月にドイツ軍がギリシアからの撤収を開始、中東で結成されたギリシア連合政権がイギリス軍とともにアテネに復帰したときには、14万人を超えるELASがほとんど全土を支配していた。イギリス軍司令部はELASの解散を要求、激戦ののち、45年2月12日のバルキーザ協定により、国体問題に関する国民投票と立憲議会選挙とを条件に、ELASの解体を実現させた。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギリシア抵抗運動の関連キーワードアカイア人ギリシア文字クセナキスパデレフスキ世界大戦福祉社会ベニゼーロスハジダキス《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone