コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クインチリアヌス Quintilianus, Marcus Fabius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クインチリアヌス
Quintilianus, Marcus Fabius

[生]35頃.スペイン,カラグリス
[没]100頃
ローマの修辞学者。ローマで公の給料を受けて雄弁術を教えた最初の人。弟子に小プリニウスがいた。またドミチアヌス帝の曾孫の家庭教師をつとめた。引退後は『弁論術教程』 Institutio Oratoria (12巻,95頃) の執筆に専念。これは教師としての経験に基づいて,幼児から一人前の演説家になるまでの教育を論じたもので,基礎教育,訓練の方法,教師の質,演説の技法,文体と話し方,完成された演説家などを解説している。雄弁術の入門書としてのみならず一般的教育学書としての価値も高く,第 10巻はギリシア・ローマの作家たちを簡潔的確に批評しながら論じたもので,特に名高い。 (→修辞学 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クインチリアヌスの関連キーワードポッジョ・ブラッチョリーニプリニウス(小)プラトン主義マルチアリスドミチアヌス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android