コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クウォン・ジョンウン(権正雄) クウォン・ジョンウン Kwǒn Chǒng'ung

1件 の用語解説(クウォン・ジョンウン(権正雄)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クウォン・ジョンウン(権正雄)
クウォン・ジョンウン
Kwǒn Chǒng'ung

[生]1925.1.8.
北朝鮮の小説家。 1945年の解放後に作家として登場した。鉄道保安員の職務に対する忠実さを描いた短編『百日草』 (1961) で認められ,以後『春が来た』 (62) ,『ボロの山』 (63) ,短編『歴史の足跡』 (68) などすぐれた作品を発表した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クウォン・ジョンウン(権正雄)の関連キーワード北朝鮮延白平野北朝鮮の弾道ミサイルノドン北朝鮮のミサイル発射凍結1号写真北朝鮮の残留邦人北朝鮮の鉱物資源北朝鮮の日本人遺骨問題北朝鮮制裁決議をめぐる専門家パネル北朝鮮と朝鮮総連

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone