クサイ(英語表記)Ξ/ξ/xi

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサイ
くさい / 草藺
[学]Juncus tenuis Willd.

イグサ科の多年草。シラネイともいう。人里や山間の道端に普通に生える人里植物。茎は叢生(そうせい)し、高さ30~50センチメートル、下部にイネ科植物の葉に似た数枚の線形の通常葉をつけ、先に集散花序を開く。最下の包葉は葉状で、花序より長い。花は花序の枝に単生し、基部に小包葉がある。花被片(かひへん)は6枚、披針(ひしん)形で長さ約4ミリメートル、雄しべは6本で花被片のほぼ半分の長さ。(さくか)は花被片と同長かまたはすこし短く、光沢がある。日本、中国、中央アジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、オーストラリアに広く分布。日本には有史前に帰化したと考えられる。[清水建美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクサイの言及

【イノシシ(猪)】より

…《本草綱目訳義》によればマミは京にいなかったとある。それでマミの方言クサイを野猪の名としてしまったのであろう。クサイは東北地方で現在もマミの方言として生きている。…

※「クサイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クサイの関連情報