コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クザ

2件 の用語解説(クザの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

クザ

ボトルドウォーターのブランドのひとつ。フランス産の硬水。発泡性。欧文表記は「Quezac」。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クザ【Alexandru Ioan Cuza】

1820‐73
ルーマニア公。モルドバの貴族の出身。1848年にモルドバの革命運動に参加し,クリミア戦争後のパリ条約(1856)によって行われたワラキアとモルドバ両議会の選挙(1859)で両公国の公に同時に選ばれ,両公国の統一が列強に認められた62年に正式にルーマニア公国の公となった。立法・行政機関の合同を推進したが,選挙法や農地改革法の実施は大地主などの反対にあって66年に退位,晩年はドイツで亡命生活を送った。【萩原 直】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のクザの言及

【ルーマニア】より

…クリミア戦争(1853‐56)以前は両公国はスルタンの宗主権とロシアの保護権の下に置かれ,ロシアの監視下で成立した〈組織規程(レグルマン・オルガニックRèglement organique)〉が憲法として効力をもっていたが,クリミア戦争でのロシアの敗北後,スルタンの宗主権は残されたがロシアの保護権は廃され,代わって1856年のパリ条約調印諸国の共同管理下に置かれた。同条約によって設立された両公国の暫定議会(ディバン・アドホックDivan ad‐hoc)は,59年1月,ともにクザを公に選出することによって両公国の統一を実現し,管理諸国もこれを承認した。管理諸国の間でも利害の対立があり,イギリスとオスマン帝国は両公国の強化を恐れて統一に反対したが,フランス,ロシアは統一を支持した。…

※「クザ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クザの関連キーワードルーマニアルーマニア語モルドバ語アルボーレ修道院モルドビツァ修道院マザラキ教会コルドバの大聖堂プルート[川]アサキコガルニチャーヌ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クザの関連情報