コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クシュティア Kushtia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クシュティア
Kushtia

バングラデシュ西部,クルナ州の都市。ラージバーリ西北西約 55km,マドゥマティ川右岸の鉄道沿線に位置。農産物集散の中心地で,綿織物,製糖,製陶などの工業がある。付近は同国有数のジュートの産地。人口6万 5120 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クシュティア(Kushtia)

バングラデシュ西部の都市。ゴライ川沿いに位置し、古くから水上交通要地。英国統治時代に東インド会社によって開発が進められ、インドのコルカタと鉄道で結ばれる。周辺ではジュートを産し、農産物の集散地となっている。吟遊詩人ラロン=シャハが眠るラロン廟、詩人タゴールの屋敷クティバリがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

クシュティアの関連キーワードラージシャーヒチュアダンガパブナ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クシュティアの関連情報