コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クジャウェン kejawén

1件 の用語解説(クジャウェンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クジャウェン【kejawén】

ジャワ(JawaまたはJawi)に接頭辞ke‐と接尾辞‐nを付してできた抽象名詞で,〈ジャワ的なるもの〉,および〈ジャワ人の居住地域〉を意味する文化地理概念。地理的には,マタラム王国クラトン(王宮)のあったスラカルタ(ソロ),ジョクジャカルタのヌゴロ,ヌゴロ・アグン地域,ケドゥ,バニュマス,マディウン,クディリのモンチョヌゴロ地域からなり,ジャワ人とマドゥラ人の混住するジャワ東端部(ウジュン・ティムル),イスラムの影響の強い海岸部(パシシル),スンダ人居住の西ジャワ(スンダ)と区別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

クジャウェンの関連キーワードアームレスリング

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone