コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クジャウェン kejawén

世界大百科事典 第2版の解説

クジャウェン【kejawén】

ジャワ(JawaまたはJawi)に接頭辞ke‐と接尾辞‐nを付してできた抽象名詞で,〈ジャワ的なるもの〉,および〈ジャワ人の居住地域〉を意味する文化地理概念。地理的には,マタラム王国のクラトン(王宮)のあったスラカルタ(ソロ),ジョクジャカルタのヌゴロ,ヌゴロ・アグン地域,ケドゥ,バニュマス,マディウン,クディリのモンチョヌゴロ地域からなり,ジャワ人とマドゥラ人の混住するジャワ東端部(ウジュン・ティムル),イスラムの影響の強い海岸部(パシシル),スンダ人居住の西ジャワ(スンダ)と区別される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クジャウェンの関連キーワードファルガーニーアームレスリングフンボルトベテルギウス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android