コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クッチベハール Cooch Behār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クッチベハール
Cooch Behār

別称コッチビハール Koch Bihār。インド北東部,ウェストベンガル州北部の町。クッチベハール県の行政庁所在地。ブラマプトラ川の支流トルサ川東岸に位置。 1950年にウェストベンガル州に併合されるまでは,藩王国の首都であった。ジュート,米,タバコ,サトウキビなどの集散地で,革製品を産する。アッサム州への交通の要地。市街は整然とした碁盤目状をなし,王宮のほか,周辺には多くの美しい湖や貯水池がある。人口7万 1028 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クッチベハールの関連キーワードビシャプール遺跡マジュリシーコッホの条件コッホの分散公式分散分析アロカシアガッターマン=コッホ反応ティランドシアナナカマドコッホ曲線

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android