クテシビウス[アレクサンドリア](英語表記)Ctesibius of Alexandria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クテシビウス[アレクサンドリア]
Ctesibius of Alexandria

前 270年の頃のギリシア技術者科学者。彼の生涯についてはほとんど不明。同時代に書かれた書物から,空気の弾性を発見したこと,また,サイホンの原理を使った水時計押上げポンプ水オルガン圧縮空気を利用した武器などの改良に貢献したことがわかっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android