クヌッツェン(英語表記)Matthias Knutzen

世界大百科事典 第2版の解説

クヌッツェン【Matthias Knutzen】

1646‐?
17世紀ドイツの無神論者。幼少にして両親を失い,ケーニヒスベルク大学で神学を学ぶが,自由思想のため聖職につけず,家庭教師などで世を送った。1674年9月,彼はイェーナにおいて宗教批判の三つの文書を公表し,そのなかで神の存在,彼岸的世界,霊魂の不死を否定し,聖職者と教会を無用の長物と断じた。反響は大きかったが,彼は逮捕を避けてイェーナを去り,その後消息不明となる。【良知 力】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android