コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クヌッツェン Matthias Knutzen

世界大百科事典 第2版の解説

クヌッツェン【Matthias Knutzen】

1646‐?
17世紀ドイツの無神論者。幼少にして両親を失い,ケーニヒスベルク大学で神学を学ぶが,自由思想のため聖職につけず,家庭教師などで世を送った。1674年9月,彼はイェーナにおいて宗教批判の三つの文書を公表し,そのなかで神の存在,彼岸的世界,霊魂の不死を否定し,聖職者と教会を無用の長物と断じた。反響は大きかったが,彼は逮捕を避けてイェーナを去り,その後消息不明となる。【良知 力】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クヌッツェンの関連キーワードカント(Immanuel Kant)カント

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android