クヌート(英語表記)Cnut

  • Knud

翻訳|Cnut

デジタル大辞泉プラスの解説

ドイツのベルリン動物園で飼育されていたホッキョクグマ。2006年12月生まれ。生後まもなく母親から育児放棄され人工哺育が行われた。世界的に有名となり、2008年にはドキュメンタリー映画が公開(日本公開は2009年)された。2011年3月死亡。
《Knut》英国の作家J・K・ローリングによるファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズに登場する銅貨。魔法界で魔法族が使用する通貨のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

995頃~1035 イングランド王(在位1016~1035)。デーン人。イングランドに侵入し、デーン朝を開く。デンマーク王を兼ね、ノルウェーも侵略し、北海沿岸に一大海洋帝国を建設した。カヌート。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クヌートの関連情報