コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クノイダル波 cnoidal wave

1件 の用語解説(クノイダル波の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

クノイダル波

浅水を波形を変えずに伝わる有限振幅の波で、波形がヤコビ楕円関数 cn の自乗で表されることからクノイダル波呼ばれる。波高が水深に匹敵するほど大きくなると、非線形効果で峰の部分の進行速度が他の部分に比べ速くなり、波 が変形する傾向を持つ。しかし、アーセル数が1のオーダーであると、峰の部分の曲率の効果とが相殺して、変形しない波の解がでる。クノイダル波の波長を増 大させた極限として孤立波が得られる。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クノイダル波の関連キーワード散乱振幅の式無限小振幅波アーセル数浅水波孤立波(水の)ストークス波クラッパー波ゲルストナー波重力波(水の)波形勾配

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone