孤立波(読み)コリツハ

デジタル大辞泉の解説

こりつ‐は【孤立波】

単独の山または谷だけが波形を変えず一定の速度で伝播する波。19世紀に英国の技術者J=S=ラッセルが水面に生じた局所的な波が伝播する現象を観察し、孤立波と名付けた。粒子のように振る舞う孤立波は特にソリトンという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

孤立波【こりつは】

離れ波,ラッセル波とも。風浪やうねりのように波の系列ができず,ただ一つの山,あるいは谷だけが進行するもの。水路の表面に生じた盛り上がりが一定の速さで伝わるのをJ.S.ラッセルが観察し,名づける。孤立波は水面だけでなく,多くの現象に現れる。→ソリトン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こりつは【孤立波 solitary wave】

波の荒い日に遠浅の海岸で,単独の高い波の山が沖のほうからかなりの距離にわたってほぼ一定の形で押し寄せてくるのを見ることがある。このようにただ一つの山だけが伝わっていく波を孤立波という。水面を伝わる孤立波に初めて注目して研究したのは,スコットランドの造船技術者ラッセルJohn Scott Russel(1808‐82)で(1834),孤立波の研究はそれ以来,多くの人によって続けられてきた。1895年にはオランダのD.J.コルテベークとド・フリースが浅い水の表面を伝わる波の方程式として,を提案し,このコルテベーク=ド・フリース方程式(KVD方程式ともいう)が孤立波の解をもつことを示した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android