コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楕円関数 だえんかんすうelliptic functions

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楕円関数
だえんかんすう
elliptic functions

複素平面上の有限な領域で一価の複素関係 f(u) が極以外には特異点をもたず,極を除くすべての点で微分可能であって,u について常に f(u)=f(u+ω1) ,f(u)=f(u+ω2) の成り立つような2つの複素数 ω1 ,ω2 (これらの商は実数でない) をもつとき,この f(u) を広義の楕円関数という。上の関係式からも明らかなように,ω1 ,ω2 はそれぞれ周期を示している。すなわち,楕円関数とは ω1 ,ω2 を基本周期とする一価の正則な二重周期関数の総称である。楕円関数を微分して得られる関数,あるいは同じ基本周期をもついくつかの楕円関数の間に加減乗除の演算を施して得られる関数も楕円関数となる。 K.ワイエルシュトラスは (ペー) 関数,ζ 関数,σ 関数という3つの楕円関数 (ワイエルシュトラスの楕円関数) を定義したが,任意の楕円関数はこのワイエルシュトラスの関数によって表わすことができる。また K.ヤコービ楕円積分の第1種ルジャンドル=ヤコービの標準形の逆関数として sn ,cn ,dn の3つの楕円関数を定義した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

楕円関数【だえんかんすう】

一般には,有限複素平面上に極(複素平面のある領域で定義された複素数値関数f(z)が,その領域内の1点cのまわりでcだけを除き(式1)で表されるとき,cをf(z)の(k次の)極という)以外の特異点をもたない一価解析関数(関数論)で,二重周期関数であるもの。
→関連項目アーベルエルミートヤコビルジャンドル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だえんかんすう【楕円関数 elliptic function】

複素平面Cで有理型な二重周期関数の別名である。すなわち,ω1とω2を,0と異なる複素数でIm(ω12)>0を満たすものとしたとき,Cで有理型な関数fで,任意のzCと,任意の整数m,nに対して, f(z+2mω1+2nω2)=f(z)を満たすものを,2ω1と2ω2を基本周期とする楕円関数という(ω12を採らず2ω1,2ω2を用いるのは,種々の利点があり,慣用となっている)。4点0,2ω1,2ω2,2ω1+2ω2頂点とする平行四辺形を基本周期平行四辺形という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

楕円関数の関連キーワードヤコービ(Karl Gustav Jakob Jacobi)アーベル(Niels Henrik Abel)A.R. フォーサイスワイアシュトラーススティルチェスクロネッカークノイダル波算術幾何平均チェビシェフ楕円関数論代数幾何学横田 成年長岡半太郎周期関数ケーリー特殊関数加法定理保型関数初等関数別名

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android