コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クフ王の大ピラミッド クフおうのだいピラミッド

世界の観光地名がわかる事典の解説

クフおうのだいピラミッド【クフ王の大ピラミッド】

エジプトの首都カイロに残る三大ピラミッドの一つ。◇紀元前2400年頃、クフ王によって建てられたクフ王の第1ピラミッドは世界七不思議の一つで、高さは本来146mだったが、現在は頂上がなくなって137mとなり、底辺の長さは220mある。四角錐の各面は、正確に東西南北を向いており、入り口から急傾斜の通路を抜けると、クフ王が埋葬されていたと考えられている王の玄室に出る。カフラ王の第2ピラミッドは高さ143mで、保存状態は3つのなかでも一番よい。このピラミッドの東側にある葬祭殿からは参道が延びて河岸神殿に通じ、その横にスフィンクスがある。メンカフラ王の第3ピラミッドは、高さが65.5mある。3つのピラミッドが並ぶ姿は圧巻。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

クフ王の大ピラミッドの関連キーワードクフ王のピラミッド

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クフ王の大ピラミッドの関連情報