コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマノギク(読み)くまのぎく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマノギク
くまのぎく / 熊野菊
[学]Wedelia chinensis (Osbeck) Merr.

キク科の多年草。ハマグルマ浜車)ともいう。茎は地をはって、節から根を下ろし、多数分枝してマット状となる。葉は披針(ひしん)形ないし長楕円(ちょうだえん)形でやや無柄、対生。5~10月、斜上した茎の葉腋(ようえき)に長い花柄を伸ばし、1個の頭花をつける。海岸の湿った草地に生え、伊豆半島、紀伊半島、四国、九州から東南アジアにかけて分布する。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクマノギクの言及

【ハマグルマ(浜車)】より

…和名はこの植物を浜に咲く車に見たてたところからつけられた。別名をクマノギクというが,これは和歌山県熊野で初めて発見されたことによる。分布域は伊豆半島以西,四国,九州,琉球から東南アジアに至る。…

※「クマノギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android